記事を検索

2016年8月21日日曜日

安保関連法に反対するママと有志の会@兵庫ピースアクション

「ヒバクシャ国際署名」呼びかけも



安保関連法に反対するママと有志の会@兵庫は八月九日、正午から一時間、神戸三宮マルイ前でピースアクションを行いました。

「七十一年前の八月九日、長崎に原爆が投下されました。〝これまで私たちは何を学んできたのだろう〟〝何を未来に残したいのだろう〟答えがすぐに出るわけじゃないけど、一緒に考えたい」と企画。「青い空は」などを歌いながら、「ヒロシマ・ナガサキの被爆者が訴える核兵器廃絶国際署名」やメッセージカードへの記入を訴えました。

「青い空は」を歌うのも、核兵器廃絶署名を呼びかけるのも初めてのメンバーがほとんどでしたが、通りがかったエチオピアのニモムサさんが「核兵器を次の世代に残してはいけない」と署名、「Save the children!」とカードにも記してくれる(写真)など、十七筆を集めました。メッセージは同会のフェイスブックページで公開されています。


(2016年8月21日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次