記事を検索

2016年8月14日日曜日

養父市議選:日本共産党の予定候補

養父市議会議員選挙(定数十六)は十月十六日告示・二十三日投票で行われます。

日本共産党養父市委員会は、現職の竹浦昭男氏と新人の津崎和男氏を立て、現有二議席確保をめざします。藤原敏憲氏は今期で勇退します。

*

竹浦昭男

一九四七年島根県大田市生まれ。一九七九年八鹿町議に初当選、二〇〇四年養父市議に当選。市議会生活環境常任委員・議会広報委員、南但広域行政事務組合議員。大森区副区長・事業部長。党但馬地区常任委員。生活相談地域=八鹿、関宮。

*


津崎和男

一九五九年大屋町山路生まれ。八鹿高校、大阪産業大学短期大学部卒。神戸で就職、大屋町にUターンし一九八二年~二〇一五年農協に勤務。大屋町青年団長、大屋町百人委員会会長、口大屋幼稚園・小学校・八鹿高校大屋分校の保護者会長・PTA会長など歴任。現在、口大屋スポーツクラブ21理事、たじま医療生活協同組合養父支部委員、党大屋支部長。生活相談区域=大屋、養父。


(2016年8月14日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次