記事を検索

2016年8月21日日曜日

観感楽学

「豪州の潜水艦が海上自衛隊阪神基地隊に寄港している。非核証明書は提出されたのか」―マスコミ関係者からの連絡に驚いた。神戸市は豪州大使館から非核証明書を得ていたが、五月の連休直前のこと▼安倍政権は防衛装備庁を発足させ、武器輸出をアベノミクスの柱にすえた。三菱重工が豪州に潜水艦を売り込み有利とされていた。神戸港への豪州潜水艦の寄港が通知されたのはその頃だった▼総事業費約四兆二千億円といわれる「商戦勝利」の「凱旋パレード」を潜水艦を建造する神戸港で行うつもりだったか。寄港通知の直後に仏の受注が決定したが、神戸港は軍需産業の活動の場となり、日米豪軍事同盟体制強化の場になろうとしている▼今年の原水爆禁止世界大会では、「核戦力の維持・開発をふくむ軍事費の大幅な削減による国民のための予算創出」「武器輸出と軍事産業の規制」が強調された。多くの海外代表も三菱・川崎などの名をあげ、軍需産業への銀行資本の投資を規制することを訴えた▼「軍事費を削って生活・福祉にまわせ」は、参院選でも重要な争点のひとつとなったが、武器輸出を促進するアベノミクスが国際的にも指弾されている。 (K)

(2016年8月21日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次