記事を検索

2016年8月7日日曜日

第49回借り上げ住宅協議会

裁判支援・署名・集会など継続入居へ運動強めよう 



ひょうご震災復興借り上げ住宅協議会は七月二十八日、神戸市内で第四十九回の「協議会」を開き、神戸市内各区や西宮市の入居者と支援者らが参加しました。

「協議会」では、強制退去方針の撤回と継続入居を求める議会への請願や陳情の内容と審議内容、神戸市がおこした二つの裁判の経過、各地の署名や要請行動などを交流しました。「西宮市では九十三歳の方も追い出し対象。行政のやることとは、とても思えない」「兵庫県弁護士会が二回目の意見書をだしてくれた。大きな励みになる」などの声もだされました。

協議会では、傍聴の組織など裁判支援、継続入居を求める署名活動などを強めるとともに、毎月開催してきた「協議会」の第五十回にあたる八月二十六日は、神戸市勤労会館多目的室で午後一時半から開くことなどを確認。「裁判勝利、継続入居実現へ世論と運動を大きく広げる機会にしたい」としています。


(2016年8月7日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次