スキップしてメイン コンテンツに移動

カンキン第214回:福島原発賠償訴訟傍聴支援の訴えも


毎週金曜日の十八時から行われている関電神戸支社前抗議行動は八月五日に二百十四回目の行動が取り組まれ、約四十人が参加しました。

福島原発事故による避難者訴訟の応援に京都と大阪へ行った人も複数発言。「大阪での訴訟にはたくさんの人が詰めかけていて、原告の方も『大変力になる』と言っていた」「神戸の裁判にもみんなで参加して会場をあふれさせよう」と呼びかけると大きな拍手と「よし」の声が響きました。

終了後は三宮までデモ。途中、東遊園地周辺で「ポケモンGO」に興じる人々からも注目を集めました。

(2016年8月14日付「兵庫民報」掲載)