記事を検索

2016年6月12日日曜日

JCPマガジンで提案を知らせるのが大事

青年・学生後援会が宣伝で実感



日本共産党兵庫青年・学生後援会は五日夕、三宮センター街東口で宣伝を行いました。

参院選に向けたシールアンケート「あなたの一票が社会を変える」で対話し、「参院選の投票に行きますか?」「あなたの一票で実現したい願いは何ですか?」を聞いて、JCPマガジンを配布しました。シールアンケートには一時間で四十人の青年が足を止めています。

「選挙? 興味ないッス」と話した大学生は、「もし投票に行くとして実現したいことは?」との問いに「貧困と格差をなくしたい」にシールを貼りました。「日本のように恵まれた国はいいけど、世界には貧困な国がたくさんある」と話します。対話した後援会員が、「日本にも食事もとれず餓死してしまう事件や、生活保護を受けたくても受けられず生活が苦しい人もいるよ」と紹介すると、「そんなことがあるんですか」と驚きました。JCPマガジンで日本共産党がルールある経済社会で格差と貧困をなくすことを提案していると紹介すると、「話聞いて少し興味でてきました。このマガジンも読んどきます」と変化しています。

「ブラックバイトをなくしたい」にシールを貼った別の学生は、「バイト先で四時間も休憩させられた。忙しいときだけ働かされて、休憩の時間は給料も出ない」と話しました。JCPマガジンを開いてブラック企業規制法の提案を紹介すると、「これは実現してほしいです」と共感が広がっています。

宣伝に取り組んだ後援会員は、「投票に行くと行かないは半々だった。行くという人も投票先を決めていない人が多かった。学費やブラックバイトの問題に関心高いからこそ、JCPマガジンで共産党の提案を知ってもらうのが大事だと思った」と話しています。

(2016年6月12日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次