記事を検索

2016年6月5日日曜日

内田樹さん・小池書記局長対談など収録:学者・研究者後援会のパンフレット

全国学者・研究者日本共産党後援会の「日本共産党とともに力あわせ、未来ひらく」パンフレットが好評です。

「安全保障関連法に反対する学者の会」の呼びかけ人である神戸女学院大学名誉教授の内田樹さんと小池晃党書記局長の対談などを収録。対談では、内田氏は、共産党の野党への選挙協力のよびかけに対して、「いい仕事をしたと評価しています。日本共産党はまもなく結党百年になる。世界各国の共産党が栄枯盛衰を経験したなかで、いまも国会に議席を保持している共産党は日本とフランスくらいしかありません。百年の歴史的風雪に耐えて、民主主義社会に根をおろした。その点で、日本共産党は世界的にも例外的な成熟政党だと思います」と語っています。

ほかにも、岡野八代同志社大学教授、池内了名古屋大学名誉教授、姉崎洋一北海道大学名誉教授が寄稿。日本共産党の大学政策などを掲載しています。

各大学では、「七百冊を各大学教員に届けるように段取りしている」「三百冊を、若者のJCPマガジンと一緒に教員に配布する」「前回の企画でよびかけたつながりに、手渡して読んでもらいたい」など、積極的に活用されています。

日本共産党兵庫県委員会では一部百円で頒布しています。希望される方は☎078・577・6
255(学術担当)まで。

(2016年6月5日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次