記事を検索

2016年6月12日日曜日

国会閉会直後いっせい宣伝

六月一、二日の「国会閉会直後いっせい宣伝」では、全県で三百カ所以上で街頭宣伝がとりくまれ、十二日開催する志位和夫委員長を迎えた街頭演説の案内を行いました。

三宮で訴える(右から)金田氏、大前市議、堀内衆院議員

一日は、三宮交通センタービル前で、堀内照文衆院議員、金田峰生党国会議員団兵庫事務所長が訴えました。堀内議員は、野党が安倍内閣不信任案を提出した理由として、憲法の平和主義や民主主義の破壊、貧困と格差を広げた「アベノミクス」の責任、国民の声を無視する沖縄の基地問題を指摘。おおさか維新についても与党の立場に立っていると批判し、「野党共闘を大きく進める選挙にしていただきたい。兵庫選挙区は金田峰生さん、比例は日本共産党を大きく伸ばしてください」と訴えました。

金田氏は、安倍政権のもとで国民の命と尊厳がないがしろにされている」と強調。戦争法、原発再稼働、TPP、消費税増税などを取り上げ「憲法を守り生かし抜く」と訴え支援をよびかけました。


二人の訴えに、信号待ちの方が耳を傾け、手をふり声援送る若者も目立ちました。サラリーマンがチラシを受け取り、JCPマガジンを受け取った若者はその場で開き見ていく方もいました。

西播地区は両日で九十六カ所で宣伝行動を行いました。太子町での宣伝では、平田孝義議員らが訴えました。住宅地内の訴え中、子ども連れの若い女性が車を停め、にこやかに『頑張って』と声をかけてくれました。また訴えを聞いていた女性は、「涙が出たよ。大変だけど頑張ってね」と声をかけてくれました。

宣伝行動のなかで、「しんぶん赤旗」の購読者も生まれました。

(2016年6月12日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次