記事を検索

2016年6月26日日曜日

沖縄県民大会にも連帯:戦争法廃止! 立憲主義とりもどそう:総がかり行動の19日宣伝など各地で

憲法違反の安保法制=戦争法の成立から九カ月の六月十九日、県下各地で「戦争法廃止! 立憲主義を取り戻そう」との宣伝などが取り組まれました。

特に今回は、同日、沖縄県那覇市で開かれた「元海兵隊員による残虐な蛮行を糾弾! 被害者を追悼し、海兵隊撤退を求める県民大会」への連帯としても取り組まれました。

憲法共同センターの大丸前での宣伝
大丸玄関ではママの会がサイレントスタンディング

神戸元町・大丸前では兵庫県憲法共同センターが時折激しさを増す雨にも負けず横断幕・プラカードなどを掲げ、買い物客らに訴えました。

明石駅前での宣伝

明石駅前では平和憲法を守れ総行動・明石の宣伝に七十人が参加。十八歳のとび職の男性が「おばちゃんらが頑張ってるのに」と応じるなど若者も次々署名しました。

姫路駅前でに「平和がいいね! 選挙に行こう」

JR姫路駅前北にぎわい交流広場では、午前十時から午後四時まで「平和がいいね! 選挙に行こう」のイベントが行われました。

JR西宮駅前での署名宣伝

JR西宮駅前では平和と民主主義をすすめる西宮・芦屋の会が署名宣伝を行いました。


安保関連法に反対するママと有志の会@兵庫は十九日、「元米海兵隊員による事件へのサイレントアピール」を神戸元町の大丸前とJR元町駅頭で行いました。「被害者は私だったかもしれない」「でも、絶望もしない」「NO‼ BASE(基地)‼」「オキナワの声なき声」などのプラカードを掲げ沖縄への想いを市民にアピールしました。

(2016年6月26日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次