記事を検索

2016年5月1日日曜日

新婦人内後援会が決起集会

女性の力で比例46万票以上金田峰生氏の勝利を必ず



兵庫県の新婦人内後援会決起集会が四月二十三日、神戸市内で行われました。

岸本友代代表世話人が開会挨拶で「性の不平等をただし、平和を願う女性たちが、積み上げてきたことを受け継ぎ発展させるために、この参議院選挙は特別の意味を持つ」と強調しました。

*
金田峰生選挙区予定候補は、野党合意に至った経過とその力になった共産党の呼びかけの力と、新婦人などの粘り強い活動もふくむ、市民・国民運動の力が情勢を前に動かしていること、大義は私たちの側にあることに確信を持ち、さらに前に動かすため、参議院選挙比例での躍進と選挙区での勝利をと力をこめ訴えました。

*
県本部内後援会が作製した金田氏を紹介する紙芝居が披露され、全班・小組などで無数に上演することが提起されました。

また、由利美香事務局長から、①一班百スポットの宣伝②読者数の二十五倍の対話・班内で三回の「つどい」③ニュースの発行④四月中に全支部内「しんぶん赤旗」読者増―などの行動が提起されました。

*
▽二十二日に開催した「女性のつどい」には、小組の会員も参加し、熊本の救援カンパも二万二百円集まった(明石)▽一月三十日につどいを開催し、毎週火曜日に宣伝行動、熊本救援カンパと二千万署名にとりくんでいる(西)▽定時定点のハンドマイク宣伝と、学習会を二回おこない、二千万署名は二千目標で一千四百筆達成、一人で百五十筆集めた人も(中央)▽地域でパレードをしたら、フェイスブックをみてと、子連れの若いママが参加してくれた(須磨)―など各地の活動も交流しました。

(2016年5月1日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次