記事を検索

2016年5月15日日曜日

観感楽学

「5・3兵庫憲法集会」にはかつてない一万一千人が集い、ものすごく大きな元気をいただきました▼壇上で訴える日本共産党の金田峰生参院選挙区予定候補と民進党の水岡俊一参院議員の姿に感動、また掲げられた「平和憲法を守れ!」「アベ政治を許さない!」とともに、「参議院選挙勝利!」のスローガンを見て、野党共闘の力、市民の共同で必ず政治は変えられると感じました▼会場となった東遊園地を歩くと、SEALDsや安保関連法案に反対するママと有志の会@兵庫に象徴される若い世代、子育て世代の姿に励まされました。同時に、久しぶりにお会いする方々の姿に、今の暴走するアベ政治に対する危機感、やむにやまれぬ想いを感じ、うれしく身が引き締まりました▼興奮冷めやらぬまま、家で息子に集会のことを話すと、「にんげんにはくちがあるでしょ」「けんかはやめようね」とプラカードに書いていました。戦争法に反対することは難しくなく、五歳の子どもでも表現できることです▼しかし、「選挙で政治を変えよう」と訴えられるのは、大人の仕事、責任です。参院選までいよいよ二カ月。新しい歴史を開くための一日一日です。集会の感動を、政治を変える力に。頑張りどきです。 (あ)


(2016年5月15日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次