記事を検索

2016年5月1日日曜日

経済論戦でも安倍内閣を追い込みます:大門みきしエッセイ(7)

約三か月の入院・療養生活を終え、四月半ばより元気に活動に復帰しました。ご心配頂いた皆さん、温かく支えて頂いた皆さんに心から感謝を申し上げます。本当に有難うございました。

胆管がんという自覚症状のない難しいがんでしたが、運よく初期の段階で発見され、他に転移もなく、手術も成功しました。発見されないまま推移すれば予後一、二年だったそうです。この歴史的な情勢のもと、もう少し世の中のために働けと、お天道さまに言われたような気がしました。

国会に来て十五年四か月、経済論戦では負けたことがありません。小泉・竹中路線の欺瞞を暴露し、アベノミクスについても当初から亡国の経済政策だと指摘しました。非正規雇用問題を国会でいち早く取り上げ、現場の労働者と一緒にたたかい続けてきました。東日本大震災の復興支援では政府を批判するだけでなく、被災事業者を応援する具体的な制度づくりをすすめました。予算委員会での数度にわたる最低賃金引上げの政策提案は政府も無視できなくなっています。今までの経験と知恵をさらにバージョンアップし、経済論戦でも安倍内閣を追い込みます。

日本共産党の「戦争法廃止の国民連合政府」の提案、野党共闘の呼びかけが政治を大きく動かし、「政治は変えられる」という希望が広がっています。参議院選挙での野党共闘の勝利、日本共産党の大躍進、新しい時代をきりひらくため全力を尽くします。今後ともよろしくお願い致します。

(日本共産党参院議員・参院選比例予定候補)

(2016年5月1日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次