記事を検索

2016年5月15日日曜日

5・3兵庫憲法集会に1万1千人





憲法共同センター、自治労や兵教組などを軸にした1000人委員会、九条の心ネットワークの三団体が一日共闘「5・3総がかり行動実行委員会」をつくり、これまで別々に開いていた憲法集会を統一開催。五月三日、神戸・東遊園地は一万一千人の参加者であふれました。

九条の心ネットワークの羽柴修弁護士は「憲法を守り、戦争法廃止のたたかいを続けよう。参院選兵庫選挙区で野党二候補を勝利させよう」と主催者挨拶で訴えました。


民進党の水岡俊一参院議員、日本共産党の金田峰生氏の両参院兵庫選挙区予定候補が決意を表明し、大きな声援をうけました。

秋葉氏

SEALDsの大野氏

ママと有志の会のみなさん
秋葉忠利元広島市長がメインスピーチを行い、SEALDs関西の大野至氏、安保法制に反対するママと有志の会@兵庫に弘川欣絵氏がスピーチしました。


集会後はデモで市民に広く訴えました。

(2016年5月15日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次