記事を検索

2016年5月29日日曜日

日本共産党大演説会に3800人:参院選へあふれる熱気


日本共産党の小池晃書記局長を迎え五月二十二日、神戸国際展示場で開かれた大演説会には、県下各地から三千八百人が参加し会場を埋め、参院選勝利へ弾みをつけました。

大野至氏(関西市民連合)
弘川欣絵氏(ママの会)

この演説会には関西市民連合の大野至氏が連帯挨拶をし、安保法制に反対するママと有志の会@兵庫の弘川欣絵氏が野党共闘と金田氏への期待をスピーチしました。

金田峰生選挙区予定候補

金田峰生参院兵庫選挙区予定候補は、戦争法を廃止し、憲法九条を守り生かす政治を貫く決意を表明。暮らし・経済についても原発、TPP、借り上げ住宅、消費税の問題をあげ、力を合わせて国民の暮らしを守り応援、個人の尊厳を大切にする政治に変えていきましょう、そのために比例代表で日本共産党を思い切って伸ばし、兵庫選挙区では今度こそ私を国会で働かせてほしいと力をこめて訴えました。

大門みきし参院議員

比例代表予定候補の大門みきし参院議員は、タックスヘイブンなど大企業資産家の税逃れの仕組みを告発し、これを放置して消費税増税とはなにごとかと強く批判。兵庫で金田氏を比例で私をはじめ九人を通してほしいと訴えました。

小池晃書記局長

小池書記局長は、野党共闘の勝利で自民・公明と補完勢力(おおさか維新)を少数に追い込むため全力を挙げると述べるとともに「日本共産党が躍進してこそ戦争法廃止・立憲主義回復の確かな力になります」と強調しました。


参加者からは「勇気がでた」「勝利へ全力で頑張る」などの感想の他、初参加の男性からは「共産党の悪いイメージと全然異なっていた」との声も寄せられました。

(2016年5月29日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次