記事を検索

2016年4月10日日曜日

総がかり行動明石が講演会

今、声をあげ、行動するとき、要求運動をプラスしてたたかおう



「安保法制(戦争法)廃止・総がかり行動明石」主催の「今、声をあげ、行動するとき! 4・2講演会」が四月二日、明石市立産業交流センターで行われ、百八十人が参加しました。

明石市民九条の会の小山英二氏が開会挨拶。音楽グループ「コスモス」がミュージックベルで、「さくらさくら」「大きな古時計」「赤いスイートピー」などを演奏しました。

その後、二宮厚美神戸大学名誉教授が、「戦争法廃止から安倍政権打倒へ――国民総がかり運動の発展」と題して講演しました。

二宮氏は―「安倍政権は戦争法を成立させたが、国民の運動で追い詰められている。参議院での野党共闘の進展や参議院選挙の情勢から判断して、外国の学者を呼んできて消費税増税見送りの姿勢を示し、国民を油断させる一方で、衆議院での野党共闘の足並みが揃わないのを見て、最後の突破口として衆参同日選挙にかけようとしている。これは一歩前進二歩後退のずる賢い戦術だ」

―「この戦術に対抗するには、総がかり運動の生みだした平和主義(戦争法廃止)と民主主義(立憲主義の回復)の一点での共同のたたかいを進めること。それを全国的地域的に広げること。この運動に『脱原発、原発再稼働反対』『TPP反対』『消費税増税ストップ』『辺野古新基地阻止』など各地域、部門の独自の要求運動をプラスして、いっしょにたたかっていくことが大事。次の選挙が天下分け目のたたかいとなる」と強調しました。

明石市の永井俊作市議(市民クラブ)、辻本達也市議(日本共産党)が挨拶し、狩郷明石人権平和センター議長が閉会挨拶をしました。
(日本共産党「明石市党ニュース」より)

(2016年4月10日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次