記事を検索

2016年4月24日日曜日

民青学生班が労働環境テーマに学習会

民青同盟のA学生班は十一日、「今日の労働環境はどうなっているのか そしてそれをどのように変えてゆくべきか」と題して学習会を開きました。

講師に招かれた神戸大学の岩佐卓也准教授が、パート、請負、派遣などの非正規雇用が正規雇用と置き換えられてきたこと、さらにそれによって正規雇用がブラック化している実態などを示し、「労働基準監督署に訴えることとあわせて、労働組合に加盟し、権利を行使することによってブラックな実態を無くしていける」と語りました。

学生班は引き続き『マルクスと友達になろう』や『君たちはどう生きるか』の読書会など、新入生とともに学ぶ学習企画に取り組んでいきます。

(2016年4月24日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次