記事を検索

2016年4月17日日曜日

「あさぎ」四月詠草:姫路年金者組合

雛人形五十年前に父親の子に持ちくれし雨の日の夕べ
暖かき桃の節句に邪気はらい桜餅食む待ちし春なり
藤原信子

記紀の世をまことさながら熱っぽく語る明日香の案内老人
飛鳥寺甘樫の丘石舞台一万余歩をてくてく歩く
衣川有賀子

胸にだき背中に負ぶって手をつなぎ保育園の道十三年終わる
つぼみの中に秘めたる苦み蕗のとう味噌に練り込み朝餉の粥に
山下直子

今年はくぎ煮は無しと思いしがわたしのレシピで娘が作る
小さき庭色どる黄花はカリフォルニアジャスミンと言うも香りは立たず
常田洋子

鶯の初音聞きつつ豌豆の支柱たており友の手をかり
冬を耐え春を謳歌す鶯の声にいやされ励まされ生く
田渕茂美

(2016年4月17日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次