記事を検索

2016年4月24日日曜日

ラストスパート2千万署名

5・3兵庫憲法集会成功、二千万署名推進の宣伝・署名行動が四月十二日夕方、県下約七十カ所で行われました。

この行動は、兵庫労連・新婦人・兵商連などでつくる「兵庫県憲法共同センター」と自治労・兵教組など旧総評系でつくる「1000人委員会ひょうご」と各地の九条の会や市民団体をベースにした「九条のこころネットワーク」の三団体が今までのいきさつを越えて戦争法廃止へ「戦争させない、九条壊すな! 5・3総がかり行動兵庫県実行委員会」を結成、この実行委員会が呼びかけたものです。

各団体が各地の駅頭での準備を分担し、会員・組合員は、おのおのの最寄り駅頭での行動に参加するようにしました。日本共産党や兵庫労連が準備した駅に兵教組組合員も参加し、いっしょに集会参加と署名を訴えるなど歴史的な共同行動となりました。

署名を呼びかける金田氏(左)と松田氏(右)
(12日、交通センタービル前)

神戸市中央区の交通センタービル前は共産党が受け持ち、松田隆彦県委員長、金田峰生参院選挙区予定候補がマイクを握り、戦争法をただちに廃止するための二千万署名への協力と「5・3憲法集会」参加を訴え、労組からの参加者といっしょに宣伝。「自衛隊に入隊するつもりでいた友人が、戦争法ができて、やめた」など若い人が次つぎと署名に応じ、三十七筆が集まりました。

(2016年4月24日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次