記事を検索

2016年3月13日日曜日

市川町:岩見町長が所信表明

地場産業・子育て支援―市川町新年度予算案


所信表明を行う岩見町長

市川町の岩見武三町長が二日、昨年八月に就任後はじめての編成となる二〇一六年度予算の基本方針と重要施策について町議会で説明しました。

岩見町長は、「住民の絆を大切に、元気で輝き誇れる〝いちかわ〟」の実現を強調。「地域産業の振興と『しごと』の創出」として、新規にゴルフクラブ販路拡大推進イベントの開催、農業振興地域整備計画策定、創業支援助成などを提案しました。

土地利用計画策定、さとの空き家活用支援、町花ひまわりPR、伝統文化継承・いちかわ不思議発見講座・地域学習推進などを行います。

「若い世代が魅力を感じる子育て環境の実現」へ、中学三年生までの医療費無料化と所得制限の撤廃、結婚活動支援、おたふくかぜ予防接種費助成(一回分三千円)などを提案。「安心して暮らせる『まち』づくり」へ、まちづくり人材育成、防災用通信機器整備、コミュニティバス運行の拡充、道路改良、公共下水道の推進などを、「社会基盤インフラ及び老朽化対策」として、庁舎や学校施設の改修・整備などをもりこんでいます。

予算案のほか、商工業の健全な発展と町民生活の向上、豊かで住みやすい町づくりを目指す市川町商工業振興基本条例などが提案されました。
}
(2016年3月13日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次