記事を検索

2016年3月27日日曜日

西神オリエンタルホテルでの演説会に800人

声援に応える(左から)
赤田かつのり・林まさひと・山本じゅんじ各神戸市議、
清水ただし衆院議員、金田峰生参院兵庫選挙区予定候補、
安武ひろ子元参院議員

日本共産党神戸西地区員会が二十日、清水ただし衆院議員と金田峰生参院兵庫選挙区予定候補を弁士に演説会を開催。西神オリエンタルホテルの大宴会場は満員の八百人で熱気があふれました。

清水衆院議員
清水議員は、野党共闘は国民の粘りづよい運動の成果であり、参院選は、「自公と補完勢力」対「五野党と市民の連合」だと強調しました。また安倍政権にはおごりとともに焦りがあり、その背景に経済政策がことごとく破綻していることなどがあると指摘し、暴走政治を根本から転換する日本共産党の提案を紹介。「共産党が伸びれば必ず政治は変わる。参院複数選挙区は各野党がお互いに鍛えあい改憲勢力を少数にするたたかいです。金田氏を遠慮なく押し上げ、比例では大門みきし議員はじめ八人以上に」と呼びかけました。

金田氏
金田氏は、「立憲主義回復へ、改選定数三の兵庫選挙区では野党が二議席を獲得しなければならない。そのために私を必ず勝たせてください」と決意をこめ訴えました。

安武ひろ子元参院議員は、私心なく福島救援ボランティアを支えるなど金田氏の人柄・活動も紹介し、なんとしても国会へと訴えました。



安武元参院議員
参加者の男性は、アンケートに「共産党がこんなに明るく、わかりやすくなったか」と感想を述べ、「協力できること」の選択肢「入党を考えます」を「入党します」に書き換え、地区事務所に相談を寄せました。





(2016年3月27日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次