記事を検索

2016年2月7日日曜日

再稼働当日:関電神戸支社前60人が抗議

第187回関西電力神戸支社前行動



高浜原発の再稼働が強行された一月二十九日の夕方、関西電力神戸支社・営業所前で百八十七回目の金曜行動が行われ、悪天候のなか六十人が参加しました(写真上)。

参加者からは高浜原発再稼働への怒り、毎週の行動を行っている広場で先週、突然始まった南海トラフ地震の津波対策だとする工事への疑問などが次々と語られました。


日本共産党兵庫県委員会と金田峰生参議院兵庫選挙区予定候補が高浜原発再稼働中止を求めた関電神戸営業所への要請の様子も紹介されました。関電側からの「避難計画については我々がとやかくいう立場にない」という無責任な発言が紹介された際は、参加者から怒りの声があがりました。

「関西広域連合が、これまで二度、弱腰ながらも、再稼働を容認できないと国への要望書に明記してきたのに、十二月の要望書でその一文が削除された。それを進めたのが井戸兵庫県知事。再稼働とあわせて怒りの上塗りだ」「命より金儲け優先の関電や安倍政権は許せない。早く自公政権に退場してもらおう」「関電は〝今だけ〟〝金だけ〟〝自分だけ〟の〝三だけ〟だ。本当に腹が立つ」と怒りの思いが出されました。

(2016年2月7日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次