記事を検索

2016年1月31日日曜日

2000万署名:長田区民集会


「戦争法廃止二千万署名を実現させる長田の会」が一月二十三日、新長田勤労市民センター大ホールで「二千万署名をすすめる長田区民集会」を開催し、百十人が参加しました。

*
呼びかけ人の一人で演出家の合田幸平氏が開会挨拶。やはり呼びかけ人の一人で神戸学院大学法学部教授の上脇博之氏が記念講演をしました。

上脇氏は、憲法九条は国家から戦争する手段を奪うだけでなく、国民の平和的生存権と切っても切れない関係にあると指摘した上で、安倍政権による戦争法強行にいたる経緯のあらましを解説しました。

さらに、どのようにして戦争法廃止を実現するのかについて、国政選挙での争点から戦争法をはずそうとする安倍政権・与党の動きに対し、集会・パレード・署名活動など、憲法九条違反・民主主義蹂じゆう躙りん・立憲主義否定との批判の声をあげ続け、次の選挙を主権者・国民のための選挙にしようと訴えました。

とくに、署名については、集会・デモなど行動に参加できない人々にも戦争法反対・立憲主義回復の意志を示してもらう手段として重要だと強調しました。

*

続いて呼びかけ人のリレートーク。まちづくりボランティアの清水光久氏、画家の竹田圭右氏、元高校教師の奈良征夫氏、主婦の屋敷満子氏、牧師の鳥飼慶陽氏がそれぞれ、戦争法廃止への思いと決意を述べました。

*

集会後は、一番街、大正筋、六間道、本町筋と新長田の商店街をパレードして、署名運動への協力を訴えました。

(2016年1月31日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次