記事を検索

2016年1月24日日曜日

戦争法廃止2000万署名:日本共産党女性後援会がロングラン宣伝

16歳の少女たちも「戦争絶対いや」と署名


通りすがりに激励の声をかける人も

日本共産党兵庫県女性後援会は一月十六日、神戸・元町商店街東口で、「戦争法の廃止を求める統一署名」(二千万署名)のロングラン宣伝を行いました。正午から午後二時までの二時間、机をだしての宣伝に県下から十二人が参加。九十一筆の署名が集まりました。新婦人兵庫県本部内後援会の由利美香さん、同垂水支部内後援会の尻池直美さんが訴えました。

金田峰生参議院選挙区予定候補も駆けつけ、「国民連合政府を実現して戦争法を廃止し、立憲主義・民主主義をとりもどし、個人の尊厳といのちを守る政治の実現を」と訴えました。西ただす神戸市議も憲法を変えようとする安倍政権の危険性を訴えました。

十六歳の少女二人が「戦争なんて絶対いや」と署名に応じてくれたり、「野党共闘がどれだけできるかにかかってるね」(中年男性)、「安倍政権をやめさせなあかん」(車いすを押していた男性)、「共産党が頑張ってくれな困る」(五十代女性)などの声が寄せられたりしました。

(2016年1月24日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次