記事を検索

2015年12月13日日曜日

みんぽう川柳〈十一月〉「故郷」

選者 島村美津子

特 選


故郷は見えない壁のその向こう
神戸市 長沼幸正

【評】故郷は跡形もなく消えていたり、限界集落であったり、なつかしい田園風景はどこにもなくスーパーやモノレールが立ち並んでいたり、そんな現実の中で作者のこころの故郷は壁の向こう側にあると歌う。

入 選


われだけの故郷ではない雪は降る
神戸市 妹尾 凛

故郷は父が逝き半分になる
神戸市 誠かおる

柿一つあれば故郷の絵が描ける
大阪市 竹原春江

故郷の記憶に残る川の幅
明石市 小西正剛

ふるさとを歌ってそっと涙する
神戸市 佐藤保美

母の手のあかぎれ思う里の冬
神戸市 佐野ユキ

ゾウさんを歌えば故郷やってくる
吹田市 喜田啓之

猪と鹿に食い荒らされるわが故郷
神戸市 高馬士郎

来い来いと故郷呼び込む人おらず
神戸市 田川 滋

古里にウラヤマタロウの影ひとつ
佐用町 上田宇堂

戦禍の故郷ライナーは行く三宮
神戸市 山本尚代

トンボ追った故郷の空にモノレール
神戸市 山元三恵子

再稼働帰れぬ故郷また増やす
神戸市 古賀哲夫

ふる里を捨て故郷へたどり着く
神戸市 松尾美恵子

(2015年12月13日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次