記事を検索

2015年11月1日日曜日

参院選大躍進へ県労働者後援会が総会

団結がんばろー!

日本共産党兵庫県労働者後援会は十月二十三日、総会を神戸市内で開催し、戦争法廃止の国民連合政府の実現へ、参院選で兵庫から共産党躍進の大波を起こそうと決意を固めあいました。

総会は、参院選比例でたたかう大門みきし参議院議員が情勢と党の役割について講演し、金田峰生選挙区予定候補も決意表明しました。

挨拶する大門議員と金田氏

大門みきし参議院議員は、戦争法を強行したように安倍政権が戦後最悪の危険な政権だと指摘し、その危険な思想を解明するとともに、目先を変えるために持ち出したアベノミクスが大企業と大金持ちのためのもので国民収奪と経済を破壊する愚策であることをわかりやすく解明しました。

戦争法の強行採決は、国民の世論と運動に追い詰められた結果だと指摘。自民・公明は国会で絶対多数を持っているが、国会前や全国で立ち上がった若者へのショック、仙台市議選など地方選での共産党の躍進、国会論戦で答弁不能になって追い詰められた末だったことなど、リアルなエピソードも紹介。この世論と運動に確信を持とうと呼びかけました。

共産党が強行採決直後に戦争法廃止の国民連合政府提案を出したことに共感が広がっており、巻き返しもあるだろうが、戦争できる国づくりストップのたたかいはいまからと強調。参院選での大躍進をめざし、そのためにも労働者の中で党と後援会を大きくしようと訴えました。

金田峰生兵庫選挙区予定候補は、戦争法廃止の国民連合政府実現には定数三の兵庫の勝利がどうしても必要と強調。この間農業や漁業分野で起こっている大きな変化も紹介し、この期待にこたえるために全力つくすと決意を表明しました。

小林明男党県労働部長が①国民連合政府提案を職場で広く宣伝しよう②そのためにも職場で無数に「つどい」を開き、党をまるごと知ってもらおう③参院選勝利をめざし職場で党と後援会を大きくしよう―と行動提起しました。

最後に、津川知久後援会代表委員の音頭で勝利に向けて「団結がんばろう!」を唱和して閉会。「大門さんの話は面白くよくわかった」「がんばりたい」と参加者は語っています。

(2015年11月1日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次