記事を検索

2015年11月15日日曜日

神戸職演連第61回公演:『真珠の首飾り』

日本国憲法にこめられた思い


稽古風景

一九四六年二月四日、GHQ民生局員二十数名が秘密裏に集められ、ある重要機密を命じられます。

それは、たった一週間で日本国憲法の草案を作成すること。

招集をかけたのは民生局長ホイットニー将軍。日本政府の憲法改正案を毎日新聞のスクープ記事で知ったマッカーサー元帥は、その保守的な内容では、ポツダム宣言の精神が生かされないと失望し、逆にGHQで草案を作成すべきと民政局に「特別命令」を発したのである。

マッカーサー元帥による「三つの原則」(象徴天皇・戦争放棄・封建制度の廃止)に沿う、憲法草案を一週間で作るよう、秘密命令がくだり、不眠不休の作業が始まった。平和を望む日本国民のためにと。

(奥田康雄=神戸職演連代表)


神戸職演連第61回公演『真珠の首飾り』/作=ジェームス三木、演出=三村省三(神戸ドラマ館ボレロ)/11月28日(土)、29日(日)13時30分(開場は13時)/神戸アートビレッジセンター/前売り:大人2000円、大学生以下1000円、当日:大人2400円、大学生以下1200円/☎078‐351‐6969、06‐6468‐8571(洲崎)


(2015年11月15日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次