記事を検索

2015年10月11日日曜日

「提訴議案」撤回・否決へ:借上弁護団・住民団体が署名活動

西宮市が、阪神・淡路大震災の被災者向けにURから借り上げた復興住宅である「シティハイツ西宮北口」の入居者にたいし、住居の明け渡しと損害賠償を求めて提訴しようとしている問題で、住民団体や借上復興住宅弁護団は、十二月市議会への「提訴議案」の提出を断念すること、提出された場合は市議会が否決することなどを求める署名活動を開始しました。

署名は、西宮市の提訴方針について、本来、もっとも被災自治体が保護しなければならない「被災者のコミュニティ」を捨てるように迫り、入居者の生命・健康を脅かし、最悪の場合、十数年前に、阪神・淡路大震災の被災自治体が直面したように、「認知症」や「孤独死」を発生させるおそれがあると指摘。提訴方針のすみやかな撤回と十二月市議会への「提訴議案」提出の断念、提出された場合には西宮市議会が否決することなどを求めています。

(2015年10月11日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次