記事を検索

2015年10月18日日曜日

「安保法制に反対するママの会」と市議会意見書や国民連合政府提案で懇談

ママの会と懇談する
松本市議(こちら向中央)と門屋氏(左)

日本共産党県委員会は十二日、「安保関連法に反対するママと有志の会@兵庫」(ママと有志の会)と懇談しました。

懇談では、松本のり子神戸市会議員団長が、この間、「ママと有志の会」が神戸市議会に提出した「安保関連法案の慎重審議を求める意見書」提出を求める陳情について報告しました。

松本議員は、「陳情は、総務財政委員会で採択されたが、本会議はこれから。ただ、戦争法が成立しているから、皆さんの意をくんだ内容にかえて提案しようとしています。皆さんの取り組みが議会を動かしています。貴重な取り組みです」と述べました。

日本共産党の「国民連合政府」提案については、門屋史明党国会議員団兵庫事務所長代理が紹介。提案の三つの内容を説明し、「『野党は結束してほしい』との声に応えるのと同時に、立憲主義、民主主義が破壊されている非常事態を打開するために提案させていただきました。皆さんのご意見もぜひ、うかがいたい」と呼びかけました。

「ママの会」のメンバーからは、「『戦争法』という名前にしたのは、ちょっと極端すぎるのではないか」「野党の共同をもう少し早めにいってほしかった」「これを実現させるうえで、私たち市民はどうしたらいいのか」など疑問がだされ、松本、門屋両氏は、「ママの会や若者など、ここまで自らの思いで自主的にたちあがった運動はなかった。そういう点では、皆さんの声を力に、この提案をさせてもらっています。実現させるのも、世論と運動の力がカギ。引き続き、力をあわせましょう」と答えました。

「ママの会」のメンバーは、引き続き、各政党の国会議員とも懇談を行っていきたいと語っています。

(2015年10月18日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次