記事を検索

2015年8月2日日曜日

観感楽学

7月18日に開かれた日本共産党創立93周年記念講演会。志位委員長の講演をYouTubeでじっくりと聞きました。今の情勢を、わかりやすい言葉で話し、展望がストンと聞き手の胸に落ちる。さすがです▼この93周年を祝って、作家で僧侶の瀬戸内寂聴さんと憲法学者の小林節慶応大学名誉教授のお二人がメッセージを寄せておられますが、これが実におもしろい。お二人の生の声、表情が見える動画は一見に値します▼寂聴さんは、「これまで投票しても投票しても議席が伸びないと文句を言っていたが、最近、評判が良く議席も伸びてきた」と素直に喜び、小林さんは「国会質疑での共産党の活躍は抜群」「日本共産党は頼りがいのある政党だ」と評価されました。さらに小林教授は、「私は共産党に全く抵抗がない」と強調し「共産党にふれてみよう」「共産党にさわってみよう」と呼びかけました▼いま、安倍内閣に対する国民の怒りがかつてなく高まっているとき、これまで政治に無関心と見られがちだった労働者や若者に、共産党に「さわってみよう、ふれてみよう」と大胆、率直に入党を呼びかけるべきです▼来年夏の参議院選挙で議員定数が増える兵庫県で、金田峰生さんを確実に当選させるためにも新たな人材は絶対に必要です。先日、党後援会世話人会議で、辛口意見で知られる漫画家の段重喜さんが「金田さんよう頑張っとるで……」と金田さんの活動を褒めました。候補者とともに頑張りましょう。 (D)

(2015年8月2日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次