記事を検索

2015年8月30日日曜日

中国の劇作家・田漢と日本の文豪の交流

講演する劉平教授

「田漢と谷崎潤一郎―中国の劇作家と日本の文豪―友好と交流の物語」セミナーが、NPO法人田漢文化交流会主催で、8月2日に芦屋市谷崎潤一郎記念館で、8日に中華会館(神戸市中央区)で開催され、のべ100人余が参加しました。

田漢文化交流会は、中国国歌の作詞者でもある劇作家・田漢(湖南省出身)と日本の作家との交流の研究を目的に2012年12月に神戸で結成され、研究交流をすすめています。

今年は中国から中国社会科学院教授・中国田漢研究会副秘書長の劉平氏を招き、セミナーを芦屋と神戸で開催しました。

劉平教授は「田漢氏が1916年以降日本に留学、7年間の滞在とその後の内山完造氏を介しての中国での交流も含め、当時の著名な作家―谷崎潤一郎、佐藤春夫、菊池寛、秋田雨雀、厨川白村―らと友情と交流を深め、それぞれの作品に影響を与えた」と作品名と内容を紹介。特に谷崎とは、日本の文学と劇脚本、中国翻訳、中国映画などの共通の話題で、紹興酒を交わし、意気投合したことも紹介しました。

日中友好協会兵庫県連合会もセミナー成功に協力しました。

(前田清=日本中国友好協会兵庫県連合会)

(2015年8月30日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次