記事を検索

2015年8月23日日曜日

堀内・金田氏が終戦記念日宣伝

8月15日・戦後70年目の終戦記念日、堀内照文衆院議員と金田峰生参院兵庫選挙区予定候補は甲子園前、JR六甲道駅北側、元町大丸前の3カ所で地元市会議員とともに街頭演説を行いました。

甲子園球場前で演説する金田峰生氏

金田候補は、自らの母親から聞いた戦争体験を紹介し、2度と戦争を繰り返させない決意を語り、堀内議員は、甲子園では戦争に参加させられた球児、プロ野球選手の無念を紹介、前日に発表された安倍首相談話を批判し、戦争法案の廃案をもとめました。

「何かあったら誰が守るんや」と聞いてきた通りがかりの男性に運動員が「実力に実力で応じれば泥沼になるだけ。6カ国協議という枠組みもある。東南アジア諸国のように、話し合いで解決するテーブルにつかせる外交努力こそ日本が行うべきではないでしょうか」と話すと、「そうやな」と納得してくれました。

年配の夫婦は最後まで訴えを聞き、議員とも握手し、「がんばってや」と激励してくれました。元町大丸前では、若者が何人もチラシを受けとり、署名もしていきました。

(2015年8月23日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次