記事を検索

2015年8月23日日曜日

武庫川灯ろう流し:平和祈願して49回目

武庫川に浮かぶ灯籠

8月16日に阪神武庫川駅北の武庫川河川敷公園で「平和祈願武庫川灯ろう流しの夕べ」が行われ、天候が心配されるなか約50人が参加しました。

「戦後70年」に当たる今年は「灯ろう流しの夕べ」も49回目です。

集会に先だって、尼崎の原爆被害者らがつくったDVD『忘れてはならない夏がある』を上映しました。

「夕べ」では、菅村哲仁実行委員長から、核兵器廃絶をめざすNPT会議の状況が報告され、戦争法を許さないたたかいの重要性が訴えられました。庄本えつこ県議は、国連NPT会議に参加した内容を報告し、尼崎原爆被害者の会の山下喜吉会長、杉山たかのり西宮市議、辻おさむ尼崎市議が挨拶しました。

西宮・海清寺の僧侶の読経のなか武庫川に灯籠を浮かべました。

灯籠を流す庄本県議(手前)と
辻尼崎市議(1人おいて後ろ)


(2015年8月23日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次