記事を検索

2015年8月2日日曜日

兵庫でも330人:安保法案に反対する学者の会 賛同広がる

内田樹神戸女学院大学名誉教授、益川敏英京都大学名誉教授など全国の61人のさまざまな分野の学者が呼びかけ人となり、6月11日に発足した「安全保障関連法案に反対する学者の会」(学者の会)は、6月15日に「『戦争する国』へすすむ安全保障関連法案に反対します」というアピールを発表し、賛同者を募っています。学者の賛同者は、7月27日9時現在で12,392人、市民賛同者は26,399人にのぼっています。

学者の会への県内の賛同者も広がり、県内34大学・短大のほか、専門学校、研究所などから、330人(7月27日9時現在)の学者・研究者が賛同しています。

そのうち賛同者がもっとも多い神戸大学では106人が賛同。この賛同者を中心に99人の神戸大学関係者が、7月30日に緊急学内集会を開催することをよびかけています。賛同者の一人が、集会の呼びかけ文と賛同者一覧のチラシをツイッターでツイートすると1日で瞬く間に200以上のリツイートがされ、「ついに母校も立ち上がってくれた!お世話になった先生方も立ち上げ賛同人に(;_;) OBとして賛同人に加わらせていただきます!」「賛同人の中に『一児の母』という肩書きの方がおられた。このセンスいいな!もしかしたらどこかにお勤めかもしれないし専業主婦かもしれないけど、『一児の母』の立場でもの申すのもとても大事と思う。『一児の父』でもいい」などの返信も寄せられています。

「学者の会」には神戸大学のほか、関西学院大学で49人、甲南大学で30人、神戸市立外国語大学で20人、神戸女学院大学で18人、神戸学院大学で17人、兵庫県立大学で14人(いずれも27日9時現在)が賛同しています。

(2015年8月2日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次