記事を検索

2015年7月19日日曜日

戦争法案絶対反対!:淡路集会


「戦争法案反対」「憲法9条壊すな」をスローガンに7月10日、洲本市で「集団的自衛権行使容認反対」淡路集会が、淡路地区メーデー実行委員会の主催で開かれ、労働組合、年金者組合、新日本婦人の会、民主商工会、淡路9条の会、淡路島平和委員会など17団体、120人が参加しました。

高丸淳次実行委員長の挨拶に続き各団体がリレートークを行い「集団的自衛権行使容認に反対し、『戦争法案』成立阻止をよびかける決議」を採択しました。

集会後、洲本市内の中心街を、各団体の「のぼり」や横断幕、プラカードを掲げ、「安倍政権の暴走を許さないぞ」「強行採決反対」などのコールを響かせ、デモ行進して訴えました。

また同日「淡路9条の会」(高倍昭治会長)は各界から50人を超える人が賛同した「私たちは、日本を再び『戦争する国』にする安全保障関連法案に反対します」とした「戦争法案」反対アピールを発表しました。

(2015年7月19日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次