記事を検索

2015年6月21日日曜日

戦争法案STOP!尼崎緊急行動に350人


6月14日、尼崎市のJR尼崎駅前広場で「戦争法案STOP! 尼崎緊急行動」が行われ、約350人が参加しました。主催の「戦争・原発・貧困・差別を許さない尼崎共同行動」には超党派で幅広い団体が結集しています。

集会では二人の戦争体験者の発言があり、八木和也弁護士が憲法違反の「戦争法案」の危険な内容を報告しました。また「戦争法案」の撤回を求める集会アピールを採択し、駅前のQsモールやアミング潮江商店街をピースウォークしました。

集会には、庄本えつこ県議、丸尾牧県議のほか、日本共産党の辻おさむ、まさき一子、徳田稔、松澤ちづる市議、緑のかけはしの酒井一、弘中弘正、都築徳昭市議、社民党の渡瀬和人市議が参加しました。

(2015年6月21日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次