記事を検索

2015年6月14日日曜日

新婦人:女性たちのレッドアクション


「戦争法案は廃案に!」の世論と全国津々浦々の行動、女性の「レッドアクション」が大きくひろがって、今、安倍政権を追いつめています。

新婦人はこの1カ月の間に22支部のべ230班400人が「レッドアクション」。署名は短期間で1万2,000筆をこえました。女性たちは、赤いのぼり旗、赤いTシャツ、スカーフや赤いタペストリーで地域、駅頭、スーパー前などで「戦争は絶対ダメ!」と力強くアピールしています。

「1カ月前と署名の反応が大きく変わった!」「中学生が『戦争に行きたくない!』と署名してくれた!」「1時間で署名が100筆近く集まった!」など、各支部から報告が寄せられています。

「毎日不安でたまらない」と子育てママたちが次々とマイクを握って宣伝行動や「違憲」「戦争NO!」の手作りプラスターで、Facebookで、街頭で、発信するなど若い世代が次々アクション。この6月議会に請願行動、国会議員に要請ハガキなど、どんどん支部、班からとりくみを広げています。

県本部は6月25日に「『平和の権利』は『女の権利』、戦争ダメ!女性たちのレッドアクションパレード」にとりくみます。憲法をこわす戦争法案を必ず廃案に追い込むために会の総力をあげる決意です。
(由利美香=新婦人県本部)


(2015年6月14日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次