記事を検索

2015年6月28日日曜日

観感楽学

NPT(核不拡散条約)再検討会議は最終合意を得ることなく閉会した。会議では核兵器禁止条約を核保有国に迫る発言が圧倒した。核兵器の非人道性を告発し核兵器廃絶を求める共同声明も160カ国に達した▼議長提案の「合意」案には核兵器禁止条約が明記されていた。ウクライナ問題で核兵器の戦闘準備や新型核兵器40基の追加配備を公表したロシア。黒海で対抗の軍事演習を行った米国。全会一致制の再検討会議は、核兵器に固執する一部の国の反対で合意にいたらなかった。日本政府もNPT会議の合意案に賛成しなかった▼633万余の署名を受理した国連のパン・ギムン事務総長は「私は全締約国に市民社会グループとの関わりを深めるよう促したい。……(署名は)我々が服務する人々の希望と期待とを想起させるものだ。我々は、長期に軍縮を擁護し、かくも多くのことを行ってきた多くの人々と団体の原則的な努力に全面的な支持を誓いたい」と述べた▼世界の多数の国が核兵器禁止を求めている時に、被爆国の政府が「核の傘」に固執し戦争する国に向かうのを阻止しなければならない。(K)

(2015年6月28日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次