記事を検索

2015年6月28日日曜日

須磨区共同センターと9条の会連絡会:110人パレード


平和憲法を守る須磨区共同センター、9条の会須磨区連絡会による「戦争法STOP!」の宣伝行動とパレードが6月19日に行われました。

悪天候にもめげず110人が参加。各自手製のプラカード、ゼッケン、むしろ旗を掲げたり、はっぴを羽織ったり、太鼓、鈴、カスタネットを鳴らしたり、元気よく、板宿ダイエー前から商店街を通り、大田町交差点から須磨区役所横の平田公園まで賑やかにパレードしました。

年金者組合、新婦人、民商、原水協、救援会、9条の会の幅広い呼びかけで、須磨区で初めてのパレード・宣伝になりました。

「戦争法はいらない!」「子どもたちに平和な社会を残そう!」などの掛け声が須磨の街に響きました。道々ではビラを受け取ってくれる方、車から声援を送ってくれる方、マンションの窓からの手をふってくれる方――など元気をもらいながら歩くことができました。

初めて参加された男性も「こういうパレードは良かった。多くの人に知らせることができたと思う」と感想を語ってくれました。

参加者らは「戦争法廃案まで宣伝行動などがんばりましょう」と決意を固めあいました。

三好正子=9条の会須磨区連絡会)

(2015年6月28日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次