記事を検索

2015年5月24日日曜日

新人議員の決意:みとみ稔之宝塚市議

平和第一に、市民の声をまっすぐ議会に届け市政を前進させたい

東阪神メーデー会場で

皆さんこんにちは。

4月26日に行われた宝塚市会議員選挙で、皆さんの大きなご支援のおかげで初当選を果たさせていただいた、みとみ稔之です。

選挙戦中には、駅前や街角で多くの有権者の方々と対話しましたが、「安倍さんの政治は怖い」「戦争する国づくりを止めてほしい」「暮らしが大変だ。何とかしてほしい」「医療や福祉をよくしてほしい」という声をたくさんいただきました。また、それをやれるのは共産党しかないという期待の声も多数いただきました。

そうした皆さんの期待にこたえ、いのち、暮らし、平和を第一に、市民の皆さんの声をまっすぐ議会に届け、宝塚市政を前にすすめるために奮闘する日本共産党宝塚市議団の一員として、頑張ってまいります。

4月30日には議員総会、5月8日に新人議員研修1回目がありました。研修では、議員としての心構え、政治倫理に関することや、議会の役割や議会運営についての説明を受けました。5月13日には、臨時本会議があり、正副議長はじめ役員の選出、各常任委員会への委員の選任などが行われました。私は、たぶち静子市議とともに産業建設常任委員会に所属することになりました。

いよいよ議員生活が始まっていくんだと日々実感しております。

議事の進行の仕方など初めてづくしで戸惑うことも多いですが、先輩議員さんのご指導もいただきながら、しっかり勉強して、一歩一歩、成長していきたいと思います。

皆さん、あらためて、よろしくお願いします。

(2015年5月24日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次