記事を検索

2015年5月24日日曜日

戦争法案反対!:いっせいに各地で行動

安倍内閣が5月14日、「戦争法案」を閣議決定したのに対し、兵庫県内各地でも日本共産党の支部・後援会や議員、民主団体、自発的な人々が街頭などで反対を訴えています。

党県委員会の集計だけでも14日から17日までの間に210数カ所以上で、700人近くが参加し8,600枚を超えるビラを配布しています。

加古川駅前でアピールする新婦人会員

加古川駅前では憲法改悪ストップ加印共同センターのよびかけで宣伝。72筆の署名を集めました。

総会後すぐに宣伝を行った西明石9条の会

西明石9条の会は第3回総会で、憲法「改正」国民投票を視野に全有権者過半数をめざし、アピール対話・署名行動をくりひろげようとの方針を決定し、閉会後、さっそく街頭宣伝を行いました。

高砂市委員会の横断幕

日本共産党高砂市委員会は横断幕を新調。さっそく取り組んだ曽根駅前での宣伝では女子中学生2人も署名に応じました。

姫路駅前でのスタンディング

姫路駅前では、市内の会社員らが呼びかけた「播州だまっと連」が16日以降、毎週水曜日、JR姫路駅前で横断幕やプラカードを掲げる「スタンディング」で訴えています。

尼崎の立花駅前では、高校生が宣伝を手伝ってくれました。

神戸市東灘区のJR住吉駅前では、元自衛官も「戦争法はあかん」と応えてくれました。

第32回原発NO!淡路市民行動が洲本市イオン前公園で行われ、再稼働反対をコールし、戦争法案反対も訴えました。

初めての青年もおおぜい―若者憲法集会



元自衛官の泥憲和氏、あすわか兵庫の吉江仁子弁護士、衆院議員の堀内照文氏をパネラーに招き、17日に神戸市内でひらかれた「兵庫若者憲法集会」には約60人が参加し、資料が足りなくなるほど。初対面の青年たちも多く、実行委員を驚かせました。

(2015年5月24日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次