記事を検索

2015年5月17日日曜日

憲法集会@尼崎


今年は「戦争、原発、貧困、差別を許さない尼崎共同行動」として5・3憲法集会@尼崎が開かれました

尼崎で10年以上にわたり「憲法9条を守ろう」の点で幅広く結集している「9条の会・尼崎ネットワーク」が毎年5月3日に尼崎憲法集会を開催してきましたが、今年は憲法9条に限らず、安倍政権の憲法を逸脱する様々な暴走政治をストップさせようと、「戦争、原発、貧困、差別を許さない尼崎共同行動」を結成して「5・3憲法集会@尼崎」を、5月3日(日)午後、阪神尼崎駅前・中央公園で開きました。

この集会には、「平和」と「いのちの尊厳」を基本に日本国憲法を生かし、集団的自衛権の行使に反対、戦争のためのすべての法制度に反対、脱原発社会を、平等な社会を希求し、貧困・格差の是正を、人権を守り、差別を許さず、多文化共生の社会を―のスローガンのもとに、市民300人が集いました。

集会では、9条の会尼崎ネットワーク、さいなら原発尼崎住民の会、日本軍「慰安婦」問題を考える会・尼崎、尼崎地区労働組合総連合などの代表が次々に訴えました。また、9条の会・尼崎ネットワークの大江和夫事務局長が行動提起を行い、集会宣言を採択しました。

その後、全員で中央三和商店街をピースウォークして、商店主や買物途中の市民に訴えました。
(徳田稔=尼崎市議)


(2015年5月17日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次