記事を検索

2015年5月17日日曜日

9条の会かわにし:憲法記念日の集い

「戦争立法」を阻止しようと9条の会かわにしは憲法記念日の集いを開き70人が参加しました。

山口さん
「一海軍情報士官が戦争体験を回想する――なぜ、戦争を早期に終結できなかったのか?」と題して大阪外国語大学名誉教授・山口慶四郎さんが講演し、DVD『カナリア諸島の日本国憲法9条』が上映されました。

山口さんは、欧州では戦争が終わり、日本の敗北も必至となっていた1945年6月10日、樺太の基地に着任し、ソ連の動向を知るためモスクワ放送を聴きとっていたこと、日々ソ連空軍の増強のもと何の対策も打たれないまま、ソ連は8月9日に参戦、九死に一生を得たことなどの経験を語りました。

また、2つの原爆投下や沖縄戦、大都市の空襲、外地での餓死などで多くの人が亡くなったことをあげ、「いったん戦争を起こすと簡単に止められない。今はとても危険な状況で、今こそ9条の出番、早く安倍政権に終止符を」と訴えました。
(野尻千世子)

(2015年5月17日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次