記事を検索

2015年5月17日日曜日

県下8カ所の憲法集会に2,100人以上

神戸憲法集会

戦後70年、安倍政権が「戦争立法」、改憲への動きを強めるなか、5月3日の憲法記念日を前後して、神戸憲法集会(2日)では朝日新聞論説兼編集委員の半田滋氏と沖縄国際大学教授の前泊博盛氏が講演し800人が参加したのをはじめ、はりま、尼崎、西宮、川西、いなみ、丹波、但馬でもそれぞれ憲法にかかわる集会が開かれました。県内全体では2,100人以上が参加し、憲法の値打ちを学び、生かそうと決意を新たにしました。

また、兵庫県憲法共同センターも9日から県民局単位のブロック交流会を開催。兵庫県弁護士会も6月21日・神戸東遊園地での「集団的自衛権行使容認&特定秘密保護法」反対兵庫大集会・パレードの準備を進めています。

(2015年5月17日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次