記事を検索

2015年4月19日日曜日

安倍政権への批判次つぎ:思いにこたえる新歓企画を準備―民青同盟

入学式宣伝で使っているパネル

桜が満開の中、関西学院大学や神戸大学など県内の各地で入学式がおこなわれました。民青同盟兵庫県委員会が学生班といっしょにおこなった新入生との対話宣伝では、「安倍政権のコレがもう無理」シールアンケートを使って対話しました。

「沖縄米軍基地建設」にシールを貼った学生は「春休みに辺野古へ行ってきた。あれだけの人が毎日反対していて、選挙でも結果を出してきているのに強行するのはひどい」と話し、「今の日本は排外主義がはびこっている。ヘイトスピーチのことも問題だと思う」と語りました。

また、「戦争は絶対反対だから」と話し「集団的自衛権」に貼る新入生、「これ以上、上がるのは無理」と「消費税を10%に増税」にシールを貼る新入生、「危ないものを動かすべきじゃない」と「原発再稼働」に貼る2回生など、安倍政権への批判が次々と寄せられ、同時に集めていた「安倍首相へのひとこと」メッセージカードには「戦争は嫌」「ヘイトスピーチを規制して」「危ないから辞めて」などの声が書かれました。

メッセージカードから

神戸市東部の大学を中心に活動している民青SD班では、この間よせられた「ISの問題が深刻だと思う」「集団的自衛権は反対」という声にこたえ、神戸市在住の戦場ジャーナリスト志葉玲氏をゲストに招く学習企画を準備しています(4月20日17時30分、神戸学生青年センター)。「これまで新入生から安倍政権のすすめる政治への不安が語られ、共産党への信頼を話す人もいた。企画を通じて仲間を増やしたい」と同盟員は意気ごんでいます。

(2015年4月19日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次