記事を検索

2015年4月6日月曜日

大門参院議員が演説:戦争立法ストップ、憲法9条を守りぬこう

日本共産党の大門みきし参院議員(参院比例予定候補)は4月5日、姫路、加古川、明石、神戸市内など兵庫県内6カ所で街頭演説を行い、「安倍政権がすすめる戦争立法ストップ、憲法9条を守りぬこう」と訴えました。訴えの要旨を紹介します(文責・編集部)


街頭演説する大門みきし参院議員(垂水区内)

安倍内閣は、暮らしを破壊し、原発を推進し、日本を戦争する国に一気にしようとしています。この暴走にストップをかけましょう。

医療や介護の改悪から県民の暮らし守る


第1の暴走は、暮らしを破壊する暴走。「アベノミクス」「アベノミクス」と、騒いできましたが、何かいいことがあったでしょうか。

結局、海外でマネーゲームをやるような、あり余っているお金を呼び込んでバブルのような円安・株高をつくりあげて、輸出大企業や株をたくさんもつ大金持ちをさらに大儲けさせる。その一方で、円安によって輸入物価が上がりました。庶民や中小企業のみなさんは円安、物価高で苦しくなってしまいました。

大企業と中小企業、お金持ちと庶民の格差を広げただけの政策です。こんなアベノミクスでは、いくら待っていても、神戸の地域の経済も、私たちの暮らしも、よくなりません。

消費税への8%の増税実施で、景気がどんどんおちこんでいます。医療、介護など社会保障の連続改悪がすすめられています。

参議院予算委員会で、小池晃副委員長もとりあげました。医療の負担は重くなるばかり、介護保険からは締め出される。年金はどんどん減らされる。社会保障のために消費税を増税すると言っておきながら、ことごとく悪くなるばかり。大企業への減税や軍事費増のお金があるなら、社会保障を切り捨てることはないと国会で追及しました。

この国の悪政、社会保障、医療、介護の連続改悪から県民、市民の暮らしをどう守るのかが大きな焦点になっています。

日本共産党を大きくしていただければ、医療や介護の改悪から県民の暮らしを守る力を前進させることができます。どうぞ日本共産党にこの仕事をさせてください。

体はり平和を守ってきた日本共産党


安倍内閣の暴走の第2は、平和を破壊する暴走です。憲法を改悪する、集団的自衛権を行使する、そして日本を戦争する国にしようとしています。集団的自衛権というのは、アメリカの戦争に日本が参加するということです。中東地域でアメリカが戦争をおこしたら、日本の自衛隊をだすということです。

もともとアメリカは、中東地域に何かあれば自衛隊を出せ、こんど出す時は、水や油の補給だけではなくアメリカ軍といっしょに武器をとってたたかえるようにせよ、と日本に要請してきました。

安倍首相以前の内閣は、〝日本は憲法9条があるからできません〟と断ってきました。安倍さんになったとたん、〝自衛隊を出します〟〝戦争できるようにします〟といま、すすめています。

地球の裏側にまで自衛隊を送り出して戦争するなど、憲法9条のもとで許されるわけがありません。自衛隊をだして若い人たちが殺し殺される、戦争への道をいま、くいとめなければなりません。

憲法9条を守るために体をはってきた日本共産党をのばしてください。戦争する国づくりをくいとめる確かな保障です。暮らしを守る、平和を守るため、日本共産党をのばしてください。よろしくお願いします。

(2015年4月12日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次