記事を検索

2015年3月8日日曜日

観感楽学

身体を抜ける冷たい風のなかにも春を感じる季節となりました。今日3月8日は国際女性デーです。起源は1904年3月8日にニューヨークで女性労働者が婦人参政権を要求してデモを起こしたこととされています。また1917年ロシア2月革命は国際女性デーに女性労働者を中心としたデモが大規模な蜂起となり、帝政を崩壊に追い込んだとされています▼今年は男女平等の世界のルールを定めた国連女性差別撤廃条約を日本が批准して30年となります。安倍首相は「女性が輝く社会」をアピールしています。しかし長時間労働、保育所に入れないなどで妊娠・出産を機に6割が仕事をやめざるをえない女性がおかれている現実は「輝く」とは程遠い状況と言わなければなりません▼先日も保育所がないので兄弟バラバラで預けなければならなくなったママ友さんから連絡がありました。「わずか一桁のゼロ歳児定員。じゃあ働くな?預けるな?そうやって働けない母親をつくってる」「上の子は4月から一緒に通えると楽しみにしていた。なんて伝えよう。兄弟そろって通わせたいって普通の願いだと思います」この願いに政治は応えなければなりません。 (Y)

(2015年3月8日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次