記事を検索

2015年3月29日日曜日

神戸市当局が太鼓判:「ストップ!神戸空港」の会のチラシ

“実態をほぼ示している”


スカイマークの経営破綻や神戸空港の運営権売却問題の浮上を機に、空港の赤字経営の実態が注目されています。

日本共産党の森本真議員が「神戸空港特別会計の負債の状況が良くわかる資料」を神戸市みなと総局の担当課に問い合わせたところ「これが実態をほぼ示している」と説明のために持ってきた資料が「ストップ!神戸空港」の会のチラシ(2015年2月16日配布)のコピー。

このチラシは、毎年の赤字の実態とともに400億円以上も負債を抱えている神戸空港の実態について、神戸市自身がセミナーで講師に呼ぶ学者からも「スカイマークの完全撤退もあり得ない話ではない。そうなれば致命傷となり、廃港を迫られるかもしれない」と指摘されていることを紹介し、「神戸空港への毎年20億円もの支援をストップし、廃港も含め空港の在り方を市民に問うべきだ」と主張しています。

(2015年3月29日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次