記事を検索

2015年3月1日日曜日

原発なくす会など県庁包囲:高浜原発3・4号機再稼働させないで!


「高浜原発3・4号機の再稼働はさせないで!」と2月21日、500人の県民が兵庫県庁を包囲し、関西広域連合の長でもある井戸敏三知事に訴えました。原発をなくし自然エネルギーを推進する兵庫の会、さよなら原発神戸アクション、原発ゼロ!核兵器ゼロ!ZEROこねっとが呼びかけたものです。

主催者挨拶で兵庫の会代表の金持徹神戸大学名誉教授は「『原発をなくしてほしい』が国民世論の多数。しかし政府は、原発をベースロード電源と位置づけ、次つぎと再稼働させようとしている」と批判しました。

アピールタイムで、福井県小浜市・明通寺の中嶌哲演住職は、住民が避難しなければならない事故をおりこんでの再稼働はとうてい許せないと批判するとともに、「百万ドル夜景を前にしんしんと死の灰つもる音を聞きおり」(奥本守『歌集紫つゆくさ』)という短歌を紹介し、「原発再稼働を許すことは『死の灰』をさらに増やすこと」「電力消費地である関西でこそ『再稼働ストップ』の声を広げてほしい」と訴えました。

ZEROこねっとの橋本銀河氏は、毎週金曜日の関西電力神戸支店前行動の参加者がのべ1万人を超えたことを報告し、「未来を決めるのは電力会社ではなく私たちだ」と強調。姫路支店前行動を続ける脱原発はりまアクションの小野純一氏らは「種を播こうよあきらめずに」と歌で訴えました。

堀内衆院議員(左から4人目)も参加

この行動には堀内照文衆院議員も駆けつけ、激励。参加者と手をつなぎ県庁を包囲しました。日本共産党県議団からは杉本ちさと県議が参加しました。

(2015年3月1日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次