記事を検索

2015年2月8日日曜日

生活再建支援強化日本共産党国会議員団が防災大臣に申し入れ


被災者の生活再建に対する支援強化を求め、日本共産党国会議員団は1月27日、山谷えり子防災担当相に申し入れました。

申し入れ項目は、①被災者生活再建支援法の早急な見直しを図ること②災害救助法を積極的に活用することと③この冬の豪雪対策。高橋千鶴子、大平喜信、畠山和也、堀内照文、藤野保史、穀田恵二(秘書)の各衆院議員、田村智子、井上哲士、仁比聡平、山下芳生(秘書)の各参院議員が出席しました。

申し入れのなかで堀内議員は、「借り上げ住宅からの追い出しは被災者の生活基盤を破壊するものであり、希望者全員が継続入居できるようにすべきです」「災害援護資金返済は、少額返済や保証人など、自治体からも対象拡大を求める声がある。政治によって新たな苦難をもたらすことは許せない。こういうことを繰り返さないためにも被災者生活支援法を10分な支援となるように」と抜本改善を求めました。


写真:山谷大臣(中央)に申し入れる(左から)田村、井上、仁比の各参院議員、高橋衆院議員と(右から)畠山、藤野、大平、堀内の各衆院議員

(2015年2月8日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次