記事を検索

2015年2月1日日曜日

金田氏ら国会開会日宣伝

国会・地方議会で奮闘する決意


訴える(左から)金田、大前、つついの各氏

通常国会開会日の1月26日朝、日本共産党兵庫県委員会は三宮・神戸交通センタービル前で宣伝を行いました。

金田峰生党国会議員団兵庫事務所長は、総選挙結果は自民党に国民が白紙委任を与えたものではなく、日本共産党は今国会で国民の期待に応え大奮闘する決意を訴えるとともに、兵庫県でも、いっせい地方選挙で住民とともにたたかう日本共産党を伸ばせば、住民要求実現へ政治を変えられると訴えました。

大前まさひろ神戸市議予定候補(中央区)は非正規社員時代の経験も語り、安心して働け、子育て応援の神戸への決意を、つつい哲二朗県議予定候補(中央区)は、震災での家族の苦難を語り、福祉を削り大規模開発など優先のゆがんだ政治を変える決意を訴えました。

(2015年2月1日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次